ハイスペックな社交ダンス執事を目指して

一般社会人が、趣味として始めた社交ダンス日記。女だけどリーダー特化型で自分らしく。

10年やって思うこと

社交ダンス執事のいっしーです。

さて、今回は自分のことを振り返ってみました。

 

今年の夏で、ちゃんと数えてませんが、師匠のところへ、「リーダーやりたいんです」って言った日から12年になります。長くなったもんだー( 〃▽〃)

 

当時、まだ女性がリーダーをやるのは、恐らくあまりなかったんでしょうね。その更に3年ほど前には体験で問答無用でパートナー側だったので。(即やめちゃいましたが)初志貫徹、今凄く楽しい社交ダンスライフを送っています。

 

社会人としてもまだひよこだったので、お金もそんなになく、個人レッスンを入れられるほど余裕もなかったので、当時は後輩の子と素人同士のカップルを組んで、一緒にカップルレッスンを受けてました。以前も書きましたが、初期の進捗はそれはそれはのんびりしたものです。

 

そこからもマイペースに週1回、たった一コマのレッスンを地道に続けて今に至ります。

最近お友だちがたくさんリーダー練習を始めており、本当に進捗が早く、僕は毎回「僕の進捗より遥かに効率的に早くレベルアップされているな」と思います。個人レッスンはやはりすごいですね。

 

ただ、後悔は全くなくて、僕は今までも、これからも、好きなペースで、最高のパートナー二人と、レッスンを続けていけたら幸せなので、今の自分にはとても満足しています。(技術はまだまだですが)

 

ただ、最近思うのは、ようやっと始めた時に憧れた、「普通のリーダー」になってきたなという気持ちです。ここまで来るのに本当に10年かかっている訳ですが、かかった時間が無駄じゃなかったと、本当に心から思ってます。

 

10年かけて手に入れたものは、本当に丁寧に習ったベーシックステップと、誰とでも物怖じせずに踊りに誘う勇気、そして、リードを恐れなくなりました。

 

この「リードを恐れる気持ち」というのは、結構やっかいでして、自分の技術が追い付いてない気持ちが大きいと、「無駄に引っ張ってないか」「振り回してないか」「怪我をさせるような動きにならないか」が常に頭をぐるぐる回り、結果かなり弱腰のリードになってしまうわけで。

 

これは、師匠を始め、単発でレッスンをしてくださった花田先生も言ってくださいましたが、「ちゃんとリードした方が相手は気持ちよく踊れる」ということ。まあ、この「ちゃんとリードする」ことができると思うようになるまでに時間がかかっちゃってますが。

 

途中経過、なんとか踊れるな~と思っていた7年目位から、「優しいリード」というのは、読み替えたら「弱い」のではないか。ということをずっと考えてました。それを払拭して、お相手を振り回すでもなく、力強いリードができるようになりたいとずっと思い続けていたわけです。

 

本当に僕が幸運なのは、二人も素晴らしいパートナーが固定で組んでくれていて、二人とも僕が思いきってリードをしたときでも、「大丈夫、むしろもっとこい」位のことをよく言ってくれてて、その二人と踊っていたからこそ、ちょっとずつ自信がついて、「自分は振り回すでもなく、出力をあげたリードをしても大丈夫だ」と思えるようになりました。

本当に二人には感謝しかないです。

 

常に「本当に自分のリードは紳士的か?」ということは、頭の片隅においてますが、ここ2年くらいは、自分でもかなり思い切りよく踊れるようになってきたと思います。技術こそまだまだですが、ちゃんと「リーダーとしてこうありたい」というイメージに近づいてて、今日改めて「変わった自分」を実感できたことに幸せを感じたのでこれを書いてます。

 

カップルの形は様々で、もちろんお互いが頑張れる環境ならば、どういう形でも良いと思ってますが、割りとリーダーで陥りやすいのは、自分との戦いに負けがち・・・ということかなと。

 

さっきも書いてますが、「自分がちゃんと踊れるのか?」という不安が常に付きまといます。もちろん、そうじゃない人もいるかと思いますが、それが「ちゃんとできてない自分」ということで、自分自身に対する評価で心がおれてしまうことがよくあると思ってて、そこで救いになるのは誉めてくださる回りの方々だな~と本当に思います。

 

ダンスタイムで、うまく踊れなくても「楽しかった」といってくださる方、「今度踊ってくださる?」と声をかけてくださる方、「踊りやすい!」と誉めてくださる方、沢山の方の本当にありがたい一言の積み上げで、今楽しいダンスライフを送っています。

 

関わってくださった沢山の方、素晴らしい指導を惜しみ無くしてくださる先生がた、素敵な言葉をたくさんくださったおともだちの皆さん、12年全く組まずに素晴らしい指導をし続けてくれる師匠(笑)、そして、時にアドバイスをくれ、一緒に頑張ってくれる、最高のパートナーのゆまさまとともちゃん。

 

皆さんのお陰で社交ダンス執事は生まれました。

自称だけど、気に入って使っているので、それを名乗れる自分になったことも嬉しくもあり、調子にのり過ぎず、引き続き技術を楽しく磨いていきたいと思います。

イーストジャパンカップin浅草(2022/06/05)チームマッチとプロアマトライアル

社交ダンス執事のいっしーです(ノ≧∀≦)ノ

先日のイースジャパンカップ(JDC東部総局3主催)に行って参りました。

 

試合の感想は1個前に書いたんですが、ここからは少し深堀してチームマッチとプロアマトライアルについて書いてみたいと思います。

 

全体をとおして、JDCさんが新しい試みに色々チャレンジされていること、素晴らしいと思ってますし、これからもすごく期待しちゃってます。なので、「こうだったらいいな」と思うことを書いてはいますが、決して否定するものではないので予めご理解いただけますと幸いです。

そして、僕としても「個人のいったもん勝ち」みたいなのはあまり好きではないので、大多数のなかの1意見であり、参考の域を出ないこと、また次の開催のヒントになるならいいな、と思っていることは明確に記しておきます。

 

さて、プログラムと一緒に配られたのは、本日のスペシャルプログラム、と銘打った「ラテン・チームマッチ」です。

僕はJDCの中の人ではないので、あくまで当日まで見聞きした話、それと当日見た解釈で話を進めます。

 

まず、チームマッチ戦とは、リーダー3名の先生が、4組のカップルを選出、チーム単位での試合をするということで、チームの選出はドラフト会議になり、リーダーの先生方が「交渉権」を得て、各選手と交渉し、出場する組を決めていくそうです。

このドラフトですが、SNSでいくつか情報が載っており、時に交渉決裂しながらも進んでいきました。

 

まず、ここの「ドラフト会議」ですが、どうやら一般公開もしていたらしく、ネット配信で見ることができたそうですね。これもまた面白い試みです。

 

ただ、惜しむらくは、

・ドラフト会議によって何が変化するか?

が若干わかりづらかったというか、後で色々考えて整理してみたんですが、

 

・チーム戦で、5種目踊るので、それぞれの選手の得意種目などを考えて出る演目を決める。

・恐らくですが、でられる種目数が限られていたと考えられますので、リーダーの先生は戦略を立てて出場選手を決めていた。

 

ということだと思うんですが、残念ながら個人的には単科戦で明らかに得意種目とか各選手の特色がわかっていると、もう少しカード(言い方悪いかな?)の切り方が興味深かったのではないかなと思います。「あの選手ならサンバがいいよね!」とか思うなら楽しいと思いますが、そこまでは一般人の見ている側としては「みんな素敵だからわからない・・・」となってしまったわけです。

 

また、試合は出場する組がチーム戦になっていること以外だと、直前まで見ていた試合の延長線上というか、さっきまで見てた内容のリプレイに近い状態でした。もちろん、近い・遠いが変わるので、再度見れるアドバンテージはあると思うんですが、当日直前に試合がないなら、「この選手のこの種目が見れる!!」ということで、めちゃくちゃ楽しかったと思うんですが、直前に全選手の全種目見た状態からスタートなんで、できればもう少し違う雰囲気のもの、例えばカップルをシャッフルしてみるなどの試みがあったら面白かったかも。ということはありますが、まあ選手の皆さんのご負担が大きいですよね・・・(^_^;)

 

今回のチームマッチの最大の目玉は、恐らく観客参加型です、ということなんじゃないかなと。

審査件を2,000円で購入すると、ジャッジとして参加できます、というのはとても面白い試みだと思います。ただ、こちらもジャッジなのか、「応援したい選手に投げ銭」なのかがちょっとはっきりしてなかったような?終わってから「投票権」という形で、投げ銭箱を先生が持ってまわり、お客さんが最後の追加投票的に後押しを・・・という形ですが、それが実際に始まるまで、ちょっと仕組みがわからなかったというか。

 

先日チャオカップでジャッジを体験してて思ったんですが、ジャッジをするなら、その厳かな雰囲気ごと楽しんだ方がプレミア感があると思いますが、この日は観客席に座ったまま、運営の先生方が走り回ってボードや紙の回収をされていました。これは少々人数が増えて、席がバラバラだと進行に支障がでそうな感じです。ジャッジ席を準備してしまって、そこに座ってもらった方がいいんじゃないかなと。そこまでハードルあげると参加数が少なくなるなら、完全に受付で投票権を買ってもらって、投票箱に投入方式で集計した方が集まりそうかもですね。

 

(2022/06/09修正)

投票権について、現金よりもキャッシュレスのがいいんじゃないかなーという意見でしたが訂正。

考えてみたら受付でも現金払いだし、導入コストとか準備とか全然現実的じゃなかった💦どうもこの辺即考えてることは一旦ちゃんと見直した方がいいですねー( ;∀;)

実際の運営は、手作りの入り口3つ(3チームの名前が書いてある)の募金箱に、観客が募金して金額が投票として加算されるシステムだったかな?

一番負担なく、スピーディーに実行できる手段なので、初回なら当たり前だし、金額が大きくなりすぎるなら考えてみたらいい話だったなーと思ったので、ここで訂正しときますね。

ちな、前書いてたのもそうですが、『やりたくないことはやらねばよい』ので、投票権を買うのも買わないのも好きにしたらいいことなのは変わりません。やる人、やらない人を批判する気は全くなく、選択肢の自由が担保されてたらそれでいいと思います。

(ここまで修正)

 

1試合だけ、スペシャルマッチがありまして、各リーダー先生がパートナーとして出場、各チームの選出されたパートナー先生がリーダーとして出場する異色マッチはすごく面白かったです。この試みは試合後でもすごく盛り上がるし、応援も一番盛り上がったんじゃないかな?と。

 

チームではちまきや団扇などでチーム感を盛り上げていたのは素敵だなと思いました。行進もすごく雰囲気あって、各先生方がアピールしながら歩くだけでワクワク感がすごかったです!

 

ボールルームもあるとのことですので、次回はどんな感じかな~と思いつつ、これはドラフト会議見た方が当日面白いだろうなって思いました。

 

あれこれ書きましたが、初回の開催こそ一番体力がかかり、始めることのハードルの高さは理解しているつもりです。なので、全く否定する気持ちはなく、こうだったらより僕は楽しいと思うな、という気持ちしかないし、これからも新しい試みにチャレンジするその姿勢こそ一番応援したいポイントなので、「一般観客でこんな感想が出てましたよ」くらいのアンケート結果くらいのスタンスで見ていただけたら嬉しいです。

 

次はプロアマトライアルについて。

 

僕は今年の試合から認識してますが、これはコロナにより「DANフェス!」などがなくなってしまったことから派生したんでしょうか?

競技会の後に先生と踊れますよ~というもの。

 

この試みはすっごくいいと思いました。

もちろん、先生方の負担を考えねばとも思うんですが、競技会見て、観客席にいたら踊りたくなる人も結構いると思うんですよ。お友だちにも何人か「競技会後に練習しにいく」「レッスンを受けている」など聞きますし。僕自信も踊りたくなるので、習っている人からすると素敵な企画だなと。おともだちが踊っているのも楽しく見れますしね!

 

今回は数回アナウンスされてましたが、これはもうプログラムに予め載せてしまっては?と思いました。

この競技会後のプロアマトライアルのすごいところは、出場選手だけではなく、運営に携わっているジャッジの先生から裏方の先生まで当日申し込んで踊れちゃう驚異のシステム!

お値段は、1曲エントリー料金が,1,000円で、パートナー料金が4,000~5,000円だそうです。この料金でジャッジをしている先生とかと踊れてしまうスゴいシステムなんですよ。

 

社交ダンス習っていて、競技会観戦して、ほとばしるテンションを注ぐにちょうどいいトライアルだと思います(笑)

 

さて、かくいう僕も1回だけ、関東ダンス選手権において憧れの!!!最推しの!!!藍香先生と踊らせていただいてまさに感無量だったわけですが、遠方から参戦してくださっている先生と踊れるチャンスでもあり、また普段習ってない先生でも、飛び込みOKらしいので思いきって!という勇気があるならおすすめです。

 

ただ、かくいう僕ですが、当日いきなりご本人と話したこともないのにトライアル申し込みは・・・さすがにできませんでした( ;∀;)

予めネゴっておきたいところですが、試合当日だと話しかけていいものやら、さすがに試合中はね・・・余計なご負担をおかけしたくないなということで、ちょこっと挨拶にとどまってしまいまして、なかなか当日「お願いします」といえなかったのです。

 

まあ、そんなこんなで、次回また機会があったらいいな~と思うので、普段から先生方にひっそりと、こっそりと、「今度チャンスがあったらお願いします!」とお伝えしようと思ったのでした。

 

何事もやりようですよね!

苦手を無理に通すのではなく、出きることを探してトライすると、自分も苦しくないし、楽しいことたくさん。

 

幸いにして、たくさんの先生方にお会いする機会に恵まれ、SNSを通じて、素敵なおともだちもたくさんできました。最近はあちこちで踊る勇気もほんのちょっと出てきたことで、より幅が広がって楽しいなと思ってます。

 

ということで、実はひっそりTwitterのフォロワーさんが1,000人を超えてました。

一般ぴーぽーきわまりない僕ですが、たくさんの出会いに感謝しつつ、これからも「好きを発信」していきたいと思います。

イーストジャパンカップin浅草行ってきた!(2022/06/05)

社交ダンス執事を勝手に名乗ってるいっしーです!( ・_ゝ・)ゞ

 

僕自信はごくごく一般の社会人で趣味で社交ダンスを習っているだけの人です。専門知識があるとかではなく、競技会観戦に行くようになったのもまだ3年位。よろしければ過去のブログをちょこっと覗いていただけるとわかりますが、素人ですので、感想文の羅列です。

 

語彙力もそんなに高い方ではないので、あくまで「好きだー!!!!」という叫びをここで吐き出しているに過ぎない内容ですが、見てくださったら本人喜びます🤣

 

さて、プログラム眺めながら思い出して書いてますので、記憶違い等々あればごめんなさい、先に謝っておきます。

 

感想文なのでバラバラと書いていきますが、最初にプログラムについての感想を。一般観戦者の一例としてご参考まで。

 

①タイムテーブルの余白でいいので、種目の略称を書いていただけたら初めての友だちを連れていっても説明しやすいかなと思います。特に一般人全くわからなくても、ワルツとかタンゴ、サンバは一般用語として認知されていると思うので、人は「これ知ってる!」という情報があるとテンションが上がって印象に残ると思うんですよね。

 

②オープンとJDC(団体選手限定ってことであってますか?)の表記の違い、それからトゥインクルとオープンの違いとは?というのがいまいち不明なのでどこかに書いておいていただけると嬉しいなと。

 

③審査についての表記があるのはとても素敵だと思いました。なるほど、こういうところを見ているのか!と参考になりますし、特に⑥の項目については当たり前なんだけどはっとさせられるし、審査員の先生方への対応?みたいなのが安定するからよいのではないかなと。

競技中、又は競技買いやラウンドの合間において、審査員は競技選手、又は、その演技について議論してはならない。(プログラムより抜粋)

 

QRコード便利ですね!個人的には観戦しているだけならそこまで結果速報を気にしなくてもすぐアナウンスされるので気にならないんですが、例えば出場してたりしたら、完全にアナウンス拾いきれないとかあると思うので、とても便利なものだなと。

 

プロアマトライアルについてとチームマッチについては、結構色々書きたいなと思ったので別立てにします。

 

ということで、この日の観戦の熱き思いを文字に込めて!

 

会場到着早々に拝見できたのが、プロ・CDN級スタンダードだったんですが、松岡先生、ひかる先生が出場されてて、ちょうど座ったところにどアップ!お二人とも気づいて目線くださって、到着早々テンションが爆裂に上がりました✨

そして!!!この日はラテンでお二人のダンスを近くで見れる機会が多く、めっちゃ堪能したんですが、特に特にルンバ!!!!!もうめっちゃ素敵だったー!パソとかチャチャとか凄くシュッとストイックにカッコいいイメージだったお二人なんですが、この日のルンバは曲調もそうでしたがラブい!何か雰囲気が甘いよ~ともだもだしてました(笑)ひかる先生の小悪魔っぷりで、翻弄される松岡先生(勝手なイメージ)がまた素敵すぎる振り付けでした。ちょっと誘惑してするりと逃げるところとか最高💖

 

この日の司会進行は布村先生と曽又先生で、元々布村先生の凄く落ち着いた、聞き取りやすい司会もとても素晴らしいなと思っていたんですが、曽又先生のあのアナウンサーもかくやという喋りがすごすぎて、前のユーチューブでも思いましたが、生で聴くとさらにクリアなおとが際立つし、しゃべり方の高低が凄く表現豊かに聞こえるので、いつまでも聞いていたい・・・

ちなみに、僕も学生時代にお芝居をほんの少しかじっていたので、いかに人が普通に読むと棒読みになるか知っているというか(^_^;)あれをなかなか滑らかに、抑揚つけてしゃべるのは本当に技術だなと思います。ちなみに、朗読会でも開いてそうな布村先生の語り口調も凄く聞きやすく、実は毎回某自宅建て替え番組のナレーションの方を思い出すんですよね。タイプが違いますが、布村先生の発音も凄く聞き取りやすいです。(あれ?変な目線になった???)

 

さて、ボールルームでは、めちゃめちゃ推している小國先生、ななみ先生のお二人、この日も長身を活かした素敵なムーブメント!!!流れるようにすり抜けていく小國先生がカッコよすぎるのと、もうななみ先生は可愛いがすぎるんだ!!!気づいてちっちゃく手を振ってくれたもんだから、もう犬のように嬉しくてめっちゃ手を振り返してましたけれども。

この日は、さらにななみ先生のフォローがより吸い付くように、二人の距離が全然ぶれず、美しいポジションで踊られていた気がします。クイック相変わらずカッコ良かったー途中一瞬ずれたのにすぐたてなおすそのスピードたるやスゴい。クイックは・・・一般人はズレたら一巻の終わりですけどね🤣今度チャンスがあればななみ先生にトライアル踊っていただけるかお願いしにいこうかな。僕の身長が足りないけど💦

 

丁野先生、望先生もボールルームとラテンと両方出場されてました。朝からいくと、普段見れなかったりする裏種目も見れるので結構いいと思っている今日この頃、望先生のあのオレンジ?のドレスがめっちゃお似合いで大好きです。

この日のお二人ですが、ラテンが!!何かいつもより迫力が!!結構ストイックな雰囲気と、チャーミングかつコケティッシュな感じが素敵なんですけど、何かパソとかチャチャもそうですが凄く気迫?迫力?があって、何かすごかった(語彙力ないわー)ストップ&ゴーじゃないですけど、止まるところとそこから反動つけて踊り出すところのムーブメントが前に拝見したときより凄く大きく感じられて(前ちょっと遠かったから?)めっちゃカッコ良かったです。

 

原先生、まお先生はもう迫力がマシマシでした。

元々長身カップルのお二人ですが、オーラとか雰囲気、迫力って、やっぱり内面の問題だったりするので、身長が高い=迫力が出るってことじゃないと思っているんですよ。そして、現にまお先生は徐々にオーラの出力が競技会で拝見するごとに上がっている気がします。そして、原先生とのかみ合わせなのか?以前より凄くシャープな感じもしていて、以前1度踊っていただいた(笑)時に思ったんですが、原先生は凄くラインがしなやかで、ワイドなスタンスよりシャープでキリッとしたイメージ。それがまお先生のしなやかさと組合わさると、凄くダンスが残像のように印象に残るんですよね。まさに幻惑のような、夢の世界って感じです。

 

あれ、いつもよりちょっと長いな💦

まあいっか。

 

内藤先生、紫乃先生は、この日も凄くパワフルでした。小柄でも鋭く切り込むムーブメントと、紫乃先生のからだのバネがすごくて、ピクチャーが凄く大きいお二人。この日はいつもとちょっと雰囲気違ったかな?何となくなんですが、パワーが凄く強いと思ってたんですけど、この日はいつもよりなんかしなやかだった印象。(あくまで個人感想)いつも見ている時は、タンゴとかのクイックオープンリバースかな?ムーブメント切り込む所ですっと目に入ってくる感じだったんですけど、この日はワルツとかのフワッとした切り返しのところが印象的でした。ハイホバーかホバークロスか記憶怪しいですが、上に延びる感じが凄くきれいだったと思うのです。

毎回ご挨拶させていただくと、内藤先生がかわいくて、紫乃先生が凄くスマートな感じのお二人。そういうのも素敵(*/∀\*)

 

毎回出場されていると、その力強く美しいベーシックに見とれてしまう大村先生、友恵先生。友恵先生のブルーの羽ドレス最高にお似合いです✨

大村先生も割りと小柄ですが、本当に地面を感じるというか、伸びやかさ、そして安定のホールド、力強いベーシックムーブメント。チャオでも拝見していますが、毎回すっごい好きで見ているお二人。この日は凄くキレが良かったというか、切り返しのところのスピード感がハンパなかったです。

お友達がこの日「私ファンになりました!」とおっしゃっていたので、思わず「すっごい素敵ですよね!」と観客席で盛り上がっていたので、今度チャオでお会いしたときに直接お伝えしたいです。

 

西田先生、みほ先生はまた更に前回拝見したときよりワイドスタンスな感じ?凄く開いているというか、広がりが華やかになっているというか、踊り方変えてらっしゃるのかな~とか思いながら拝見していました。相変わらず近くにくると目線をくださるので、もう毎回応援も楽しくてしょうがないです。西田先生は表情が豊かなのは、ラテンもやってらっしゃったからですかね?みほ先生の満面のスマイルはマスク関係なく見てるこっちもつられて笑顔になります。前にお伺いしたのですが、スタンスをあえて広くとっており、コンタクトをあまりつけてないとのこと。たぶんそれがポイントであまり高身長ではないけど、存在感のあるダンスなんだなと毎回思う訳で。西田先生はSNSの発信がとてもまめな方で、どの試合に出るかいち早くわかるのが凄くありがたいです。ちなみに、たぶんお教室パーティーをはじめて一人で行ったのは西田先生のお教室だったかなと。アットホームでお教室も生徒さんもとても優しくて素敵。というのが、躍りにも出るんじゃないかなと思う今日この頃。

 

 

さて、ボールルームにもラテンにも相変わらず鉄人か!?というようなスケジュールで出場されている上脇先生、田原先生のお二人。なんとなくですが、スタンダードは田原先生が主導、ラテンは上脇先生が主導っぽく、とてもダイナミックかつ華やか。最近の田原先生は、スタンダードでめっちゃファンサービスしてくださるので、お友達と客席近くに来る度に大盛りあがり✨もう上脇先生が!!!目線にやられまくる!!!スタンダードも背中がセクシーだし、ラテンもちょっとした仕草がもうね・・・誘われている!!!って感じです。見事プロトゥインクルラテン・プロオープンボールルーム共に優勝されてました!おめでとうございます~\(^-^)/

上脇先生のスローの踊りだしほんとに好き💖(たまに取り締まられてますが🤣)あのちょっとクロスぎみに歩いていって、背中が揺れるの凄くおとなセクシーで素敵ですよね!(同意者多いはず)ラテンも凄く背中使いがしなやかで色っぽいので、ドキドキしちゃうのです。田原先生は圧巻のど迫力!キリリとした雰囲気で仁王立ちがまた似合うのなんの。スタンダードはまさしくベンツさながら、当たっても当たった側が弾かれそうです(笑)

 

長い!!巻物のように読んでくださいね!

 

たくや先生、はるか先生は結構反対側で踊られていることが多かったのですが、Jiveが!!!目の前だったのですよ!!そのJiveがすんごくもう最高で!!お二人の運動能力の高さと、華やかさ、かっこよさがもう溢れんばかりでしたよ!軽やかなんだけど、ステップが凄く力強くて、もうドキドキするほどのエネルギーを感じました。チャチャもすごくカッコ良かったです。何か前より緩急が大きくなったというか、ルーティン少し変わったのかな?北関東ダンスの動画で拝見したときにもちょっと思ったんですが、なんかスピードとパワーに加えて、ちょっとなんかしっとりとした雰囲気が増したというか、柔らかさが加わってさらに味が深いというか・・・はるか先生はきゃわゆいのに美しく、身体能力高すぎて尊いんですが、そこに柔らかさが加わるとまたちょっとセクシーさも増すというか。たくや先生はばねが強いんですが、あの重量感、安定のホールド、絶対360°カバーしている!

 

箱田先生、まりか先生はもう初っぱな1次予選から弾けてた・・・あの小さいからだにすごいエネルギーと、圧倒的な肉体美、そしてリズムとパッションだと思うんですよね~もう超かっこいい。まりか先生の猫のような仕草に毎回ときめいてますが、箱田先生のパワーに全く引けをとらない、まりか先生の軸の強さたるやすさまじいです。

1次予選のチャチャが近かったんじゃないかんと思いますが、初戦からあんなに飛ばしても、ラスト決勝まで全くパフォーマンス落ちないの体力お化けすぎる🤣お二人のダンスはコアの強さだと思うんですが、ムーブメントの動きにすごく乱れがないというか、パワーだけじゃないしなやかさが緩急を際立たせているというか。(素人感想文ですので)

 

中川先生、桃子先生は後半すごく近くで踊ってくださってて、まさに圧巻のパフォーマンス!!!

そして、さらに先日の試合ではしっとり度?が上がっていたというか、ルンバの表現がすごく切なくて素敵だった~そして、パソね。このお二人のパソはもう絶対間近で見たら迫力でのけぞってしまいますよ。この日はチャチャも凄くかっこよくて!!桃子先生がファンサすごくしてくれるので、友達が悲鳴をあげてましたが🤣あの目線からほんとやられる。

そして終わったあとの笑顔もまたキュートなんですよね。中川先生はチャチャとかちょっとニヒルな感じですごくかっこいいんです。そしてまた切り返しというか、包容力とパワーのバランスよ、被弾したらそりゃ死ぬわ。

 

さて、お初に書きますが、以前も「かっこいい!」と思ってたんですが、書いてなかった飯田先生、茜先生をば。この日かなり近くで拝見できたということもあり、元々おともだちからめっちゃ素敵とうかがってましたが、本当に茜先生がめちゃカッコ良かった。まさに!クールビューティー!!でもおとなかっこいいだけどつれない感じじゃなくて、すごく包容力も感じるというか、リーダーの飯田先生もまたすごくキレの鋭いダンスで緩急がすごくムードがあるお二人。サンバもカッコ良かったし、間近で見れて本当に素敵だった!これはお友だちに話さねば!!と思ったのでここに書いておきます。

 

下記漏れてないかな?最後は村田先生、まりあ先生のお二人!

見事オープンラテンの優勝を飾ってましたが、まりあ先生が!!!めっちゃ絞ってた・・・!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!シルエット全然違うのですよ、登場から思わず驚愕の呻き声をあげてしまいました。前のまりあ先生はすごくセクシーキュート極まれりでしたが、何かスラッとなんかクールさ?ちょっと前よりもなんか現実離れした雰囲気に。そしてお二人のダンスよ!!!エモーショナルで本当にハートをこれでもかと揺さぶられる圧巻のダンス・・・!!もう目線だけじゃなく、全身から発するエネルギーがすごくストーリーというか会話というか、物語を彷彿とさせるんですよね。この日は結構遠かったのですが、パソのまりあ先生の鋭い視線に本当にゾクゾクしつつ、村田先生の長身から繰り出される迫力のステップ、ドラマチックで本当に素敵でした。そして、ラストのオナーダンスのルンバ・・・夢のなかにいるかのような、幸せと、愛情とでもほんの少しの切なさを感じて、ほんと見終わったら感嘆のため息でますよ。

 

という訳で、一日堪能してきました。

 

最後にまとめますが、ブラインド部門の人数がかなり増えてましたね。おともだちも何人か出場されてて、応援が盛り上がってきててすごく嬉しいです。

見るなら是非入退場のエスコートを見てほしい。本当に優しさが溢れてて素敵だから。

 

八王子のブラインドダンスサークルさんに不定期でお邪魔していますが、本当に始めたばかりの人たちを見てきたので、なんか踊っている姿を見て感無量・・・やっぱり裏にあるドラマがね。いいんですよ。応援したくなる!

 

 

マチュア線もすごくこの日盛り上がってました。

皆さんがすごく観客席にアピールしてくださったのすごくないですか?アマチュアですよ??

本当に皆さん素敵でした。ツイッターで拝見しているカップルさんとか、もうそれはそれはめっちゃ幸せそうに踊ってて、こっちも幸せのおすそわけもらったりとか、以前武道館やら大きい会場でしか拝見したことのなかった選手が出場されてて、間近にその圧巻のパフォーマンス見れたりとか。ジュニアから上がってきた選手かな?すごく若い選手がもう本当にプロさながらのパフォーマンスを見せてくれたりとか、シニアの超素敵なカップルさんが相変わらず素敵なダンスをされてて本当にいつも素晴らしいな~と思ったりとか。

 

正直お昼ごはんをのんびり食べる暇もなく終日観戦にいそしんでますが、これで4000円なんだからすごいですよね。

 

さて、この日はプロアマトライアルとチームマッチ戦がありました。が、これはちょっと詳しく書きたいなと思ったので、次のブログに持ち越します。

念願かなって行ってきました福岡小倉!(2022/05/21~23)後編らしいよ

社交ダンス執事のいっしーです!

Twitterにも書いたけど、北海道行って、大阪・京都行って、福岡も来たので、軽く日本縦断ダンス旅行を失言してて満足ぎみです✨

※注:普通の企業務めの一般人

 

さて!2日目の福岡小倉。

この日はなんと!JDC九州の現ラテンチャンピオン、井上和也先生、桑原有寿先生にレッスンをお願いできることに…!!!

 

 

まってぇぇぇーーー!!ラテンは!ラテンはぴよこもいいとこなんですよぅ!!!。・゜・(ノД`)・゜・。しょんな恐れ多いっ

 

 

いや、しかし、ぴよこの内に素晴らしいレッスンを受けるのはそれはアリなのでは??いやいや、単発だから!!旅行者だから!!

 

 

と、大混乱しながらも、チャンスの前髪は死ぬ気で掴みましょうということで、桑原先生にレッスンをお願いしました!

因みに、場所を提供してくださった中嶋先生も、パートナーの藍香先生が井上先生にレッスン受けてた( 〃▽〃)

 

『何やりますか?』とキラキラした目で見つめられて、ラテンの人って本当目力強いなぁ…とぼんやり思いつつ、『ド素人なので基礎をお願いします!』と勢いで答えたら、ウォークやることになったんですけど、あれはもはやウォークというほど歩くわけではなく、ひたすら自分のアンナチュラルボディとの戦いでした…( ̄▽ ̄;)

 

ほんとにラテンの背中の動きってすんごいんですよ。しかし、有寿先生の懸命な説明により、ポイントは理解。しかし、全くできない。まぁ、そこは探さないと自分の位置があるはずだから、と言っていただいたんですが、今までの団体レッスンや、はるか先生のレッスンにヒントは沢山あり、ちょっとずつ積み重ねてたものが、『集大成になるとこんなにしなやかなんだなぁ』とぼんやり思いつつ、情報量過多で頭がぐるぐるするうちにあっという間に一時間経ってるマジック…!!!

 

有寿先生は『本当にベーシックやろうとすると、凄く色々なことがでてきちゃいますよね!』とキラキラ笑顔で言われて、眩しかったです( 〃▽〃)

 

勿論一回で何とかなるわけではないのは百も承知で、自分の中にまた一つ大事な知識が増えたので、本当に濃厚かつ素晴らしい内容でした。

凄くしっくりくる解説と、自分のズレがバランスの悪さの原因と分かり、これを練習したら、もうちょっとラテンぽくなるかなぁ…とときめいてます。

 

しかし、はるか先生と『バレエやってるとそうなりますよね!』とよく言われてたアンナチュラルな体の使い方が足を引っ張る…全く使ったことのない体の絞りかた、立ち位置、まずは体にしっかりといれるところからです。

 

その後、歓談の時間が少しあり、井上先生ともお話しできました。楽しかった✨

九州の大会では人数不足で開催できなかったセクションの話とか(中嶋先生、藍香先生がラテンにエントリーしてたらしいですよ!!!!)九州はイベントが少ないとか、東京のTwitterの情報量が凄いとか、色々お話して、井上先生はちょっと興味を示されてたのでTwitter推しておきました(ノ≧∀≦)ノ始めてくださらないかなー

 

井上先生と、藍香先生からワンコ写真のコレクション見せていただいたり、中嶋先生が、アンジャッシュの児島さんに似てる話やら🤣藍香先生が中嶋先生そっくりの柴犬の写真を見せてくださったり、休憩も凄く和やかかつ楽しい時間でした。

 


f:id:nonice:20220523153842j:image

素敵な藍香先生の作品とお菓子タワー🎶

中嶋先生の入れてくださる珈琲も美味しかったんですが、藍香先生が入れてくださった玉露ブレンド茶もめちゃくちゃ美味しかったです(*/∀\*)

もうホスピタリティー溢れてて、居心地良すぎてヤバい…

 

さて、せっかくなので、ということで、元々連日レッスンをする予定だったスタンダードの方も藍香先生と2回目のレッスン。

 

今回は、久しぶりに師匠につけてもらってたルーティンをいくつか引っ張り出して踊りました。

藍香先生から、『凄く繋がりがいいですね、このままデモも使えそう』と言われて、やはりすげーな師匠。と思いつつ。

 

ピボットが凄く苦手だったんですが、ちょっと自信ついたかも?沢山練習させていただき、兼ねてから課題の頭寄りすぎ問題が大分解決した気がします。

 

パートナー先生とレッスンをしたのは、正直的場未恭先生に超初心者時代に数回程度しか経験がなく、ものすごい新鮮でした。

逆リードしてもらいながら音のタイミングや波に乗るようにスイングする感覚、さながらジェットコースターに乗るようにスピードも移動量もあがって、凄く楽しかった(*/∀\*)

 

レッスンは一コマ25分なので、習うべきポイントを絞らないといけないんですが、一回踊る度に『いい感じになる』というのがまさしくで、これは…これは凄い!!!と感動するレッスンでございました。

 

沢山の先生がいらっしゃって、そるはそれは素敵なレッスンばかりですが、身長バランスだったり、リーダー、パートナーの立場の目線の違いだったり、体の使い方だったり、様々な要素があって、勉強にならないことは一つもないと常々思ってますが、こんなに短時間でスキルアップを実感までできるって凄いことなんじゃないかと。

 

昨日ペロッと言ったデモが、にわかに夢から現実味を帯びた瞬間で、藍香先生も乗り気でいてくださって、『長期計画でいきましょう✨』とお話して終了。

 

もうやりきったー✴️

ということで、みっちりのレッスンに御礼を伝えつつ失礼しました。

 

 

と思ったんだけど、まだ夕方だったので、門司港まで足を延ばしてみました。

 


f:id:nonice:20220523153447j:image


レトロな佇まいが素敵な門司港駅

門司港レトロ』という観光街なんですが、こちらもちょっとずつ開発が進んでてまだ建て替えてたり、コロナでお店が早じまいだったりと、本当にお散歩しかしなかったけど、パッキングしたかったからお土産購入。(中嶋先生、藍香先生イチオシのお土産は残念ながらお店が閉まってて買えず(*T^T))

 

しかし、ここで初の旅行飯!門司港焼きカレーが名物らしいので、食べてきました。

 


f:id:nonice:20220523153429j:image


 

美味しかったです。ピラフにカレーソースかけて卵乗せてチーズかけて焼いたやつでした。

真ん中の卵が半熟で良い味だしてた✨(猫舌なので若干ゆで上がってたのはやむなし!)

 

デザートにいただいた門司港プリンがかなり美味しかったです( 〃▽〃)

 


f:id:nonice:20220523153137j:image

 

本当は生クリームとさくらんぼのってて、大正ロマン的な装いでしたが、両方苦手なので取ってもらって普通にプリン💦しかし、味はかなり濃厚で、カラメルがほろ苦くてすんごい美味しかったのですよ!

ほろ苦カラメルが好きになるなんて僕も大人になったもんだ🤣

 

AmazonMusicで古澤さんのバイオリン聴きながら、海辺を散歩。夕暮れ時で凄くノスタルジック。

 


f:id:nonice:20220523153156j:image

 

落ちる夕陽を観ながらホテルに戻りましたとさ。

 


f:id:nonice:20220523153157j:image

 

 

翌日は、福岡空港が遠いと分かってたので予め調べたところ、小倉城には散歩程度なら行けそう!ということで、最後の小倉を楽しむことに。

 


f:id:nonice:20220523153448j:image

 

街中に突如現れる城…( ゚Д゚)

平日早朝ということで、殆ど人がいなくて、出入り口辺りは通勤の人が結構通りすぎてました。

 

街中に完全にとけこんでて、散歩してるかたは数人すれ違ったくらい。

 

のんびり散歩はするも、城の中の見学までは慌ただしくなるので次回のお楽しみということで…

 

庭園はちょっと覗いてきました。

 


f:id:nonice:20220523153220j:image

 

全体的にけつ結構コンパクトで、城も含めてそんなに広くないんですが、個人的には都会と併合してる感じがいいなぁと思ったり。

 

のんびり歩いて楽しんで東京へ

 

 


f:id:nonice:20220523153223j:image

 

 

もう凄く楽しくて、また絶対来ようって思ってます。

北九州市は夜景も綺麗で工場夜景が有名だそうなので、次は見に行こうかなぁと。

 

本当に二泊三日、楽しみ倒して、会社へのお土産は適当極まりない感じで(笑)お友達のお土産を色々チョイスしつつ、福岡を後にしました。

 

 

 

北海道も、大阪、京都も、福岡も、考えたら本当に二時間あれば行けちゃうんだなぁとしみじみ。

自宅から都心に1.5時間デフォの自分としては、思い立ったら(費用もね!)行けるなって改めて思いました。

 

旅には素敵な出会いがある。

 

旅行には全く興味ないけど(笑)またどこかに踊りに、レッスン受けに行きたいです。

 

藍香先生が東京のパーティーに興味津々だったので、タイミングが合えば実現できそうな野望を抱きつつ。

念願かなって…行ってきました福岡小倉!!(2022/05/21~23)前編になった

執事ダンス執事のいっしーです!( ・_ゝ・)ゞ

 

今年の目標にたててたダンス旅行に行って来ましたー!イエーイ👊😆🎵

 

忘れもしないブログに書いてますが、2020/02/02開催された、インペリアルダンス選手権から大ファンの中嶋先生、藍香先生に会いに(一応レッスン目的たぶん!!)いざ福岡へ🏃

 

前日実家の方が羽田からめっちゃ近いので実家に帰ったら、朝のんびりしていた僕におにぎり持たせてくれた母、ありがとう😳💦


f:id:nonice:20220522204356j:image

のりはパリパリ(別入れ)雑穀米のちびおにぎりは、生たらこと梅干しでした。うまうま。

羽田で購入した静岡茶が激ウマでした🤣

 

今回奮発して予約とれちゃったよクラスJ(日本航空)で行ってきました。フットレストつき、椅子も広いし皮張りだし、頭のところに枕みたいなのついてて、これでプラス1,000円なのすごくない!?って感動してました。

まぁ、お陰さまで苦手な飛行機、爆睡して気がついたら福岡でしたけれど


f:id:nonice:20220522204713j:image

 

そんなこんなで福岡空港に降り立ちました!!


f:id:nonice:20220522202420j:image

 

かーらーの中嶋先生のお教室で早速レッスンなので、北九州市小倉のお教室をNAVITIMEで検索…

 

 

おおう(;´Д`)


f:id:nonice:20220522202618j:image

何か新幹線出てますけど!?!?

遠いのか…知らんかったわ…(;゚д゚)※今さら

 

 

しかし、中嶋先生に空港が福岡空港(もうひとつ北九州空港があるんですって)から向かうことをお伝えして、フライト時間もお伝えしてたので、ちゃんと余裕を持ったスケジュールでレッスン予約してくださってました。僕のうっかり度合いも浮かれすぎて半端なかったです反省( ;∀;)

 


f:id:nonice:20220522203428j:image

東京は曇天で飛行機揺れまくりでしたが(´TωT`)福岡はご覧のように快晴☀️広い!小倉駅前の広さがすごい。そして、この道路の太さが永遠と続いてました。ビルも凄かった。

何となくですが、あちこち工事やら建て替えしてて、発展途上感はあり、これからも何か大きくなりそう?清潔で治安も悪くないし、とても過ごしやすかったです。駅前のホテルに泊まりましたが静かでした。

 

 

チェックインできるほどの時間ではなかったので、トランクだけ預けて(荷物8割が練習着とシューズだったの笑う)いざ本陣へ!

 


f:id:nonice:20220522203825j:image

 

小倉駅から徒歩20分弱かな?(NAVITIMEではバス推奨でしたが、歩くの早いので5分は巻ける自信があり、徒歩を選択)

 


f:id:nonice:20220522203955j:image

ちょっと奥まったところに階段なんですが、覗き込んだらこんなおしゃれなポスターが!!!

で、階段上がったんですけど、教室の入り口撮り損ねてました💦だって入り口で中嶋先生と目が合ってしまってドアを開けてくださったので『はわわっ!!((( ;゚Д゚)))』ってなってたもんだから…※割りと緊張が外に出ないのですんっとしてたように見えるかもですが

 

生徒さんがデモ練習されてました!

 

 

じろじろ見てはいかん!!だがしかし、あれほど見たかった中嶋先生のデモを見るチャンス!!

 

不審者にならない程度にチラ見(結局変な人)

 

ベニーズワルツ凄く良かった✨生徒さんも凄く照れながらお姫様でめちゃくちゃ可愛かった💖

 

予想通り素晴らしい振り付け…( 〃▽〃)いかん、もう思考能力が低下している気がする…

 

 

落ち着け自分!

 

 

 

と思ってたらレッスン終わって中嶋先生から珈琲入れていただいて、お菓子つき


f:id:nonice:20220522205406j:image

 

藍香先生の飾ったであろうお花とパシャリ。

中嶋先生が鏡に写りこみそうになって走ってたのも可愛い(笑)敢えて足撮っちゃいましたけど!

実は珈琲ブラックで飲むことは殆どないお子ちゃま舌なんですが、この珈琲めっちゃ飲みやすくて美味しかった(*゚Д゚*)

 

さて、藍香先生のレッスン(ここからちゃんと真面目に)

 

 

以前トライアル踊ったときも思いましたが、藍香先生はすんごい華奢で小柄なんですけど、パワーがあるというか、コアの力がすんごい強くて、背中柔らかくもう雰囲気がすんごいエレガントなんです。

 

そして、いざレッスンに入ったら、可愛い…いやいや💦そこは友達とのお茶会にお話するとして、習いたかったのは

 

①またトライアル踊る機会があれば絶対踊りたいのでワルツを

②できたらルーティンついたら嬉しいなぁ

③スローのピボットからのハイロンデ(ルドルフロンデ?)をやってみたい

 

でした。

根底にあったのは、『あんな風に音楽に乗せて踊れたらいいのに』って思ってたんですけど、あんまりそこまでお話してなかったんですよね。

 

 

と、こ、ろ、が!!

 

 

『スイングをもっとつけて踊ってみましょう』

『音が繋がるように、ステップが途切れないように踊ってみましょう』

 

師匠からもよく言われるやつー( ̄▽ ̄;)

 

と、思ってたんですが、色々ポイントを教えていただいたらあら不思議…

 

 

なんか

 

 

繋がった気がする!!!!(当事者比)

 

2、3回繰り返すとどんどん変わっていく感覚が物凄くあって、『これヤベエ』と内心大興奮!※やっぱり外にはそこまで出ない

 

パートナー先生に習うときの一番の醍醐味というべきは、パートナーが音に対してどのタイミングがベストになるか??ということを教われるのです。

 

リードは音楽のジャストタイミングをどこに合わせるか?それは好みもあるので一概には言えないけど、パートナーの一番美しくいいポジションをベストな音のタイミングに合わせるためのコンマ何秒のリードの差は、もう感覚でしかないと思ってて、踊りこむのも大事なんだけど、自分がここだ!って思ってるタイミングとずれてることもよくあって、パートナー先生だと、それがどこにあるとパートナーがどの場所にいるかを細かく教えてくださるんですよね。

 

これを知ることができると、パートナーが『もうちょっと行ける気がする』というもやもやを解決できるんじゃないかなぁと思うポイントが満載でした。

気を付けてはいるけど、もっと重心が乗ったところで次の動きに繋げるっていうのは、フライングしているところが結構あって、『なるほど!!!』しかいってなかった気がする(笑)

 

 

『帰ったらパートナー様とやってみよう✨』とホクホクしつつ、あっという間に初日レッスン終了~

 

因みに、大変ありがたいことに、中嶋先生に『丁寧にステップを踏んでますね』とお褒めいただいてしまって、内心飛び上がって喜んでました。外には出ないけど。

 

師匠の教えはどこに行っても、スタンダードにおける根幹を教えてくれている、と凄く思うのはこんな時なんですよね。ちょっとしたアドバイスをいただくと、師匠の言葉もセットで思い出されて、その時は掴めてなかったこととか、あーこういうことか。と思うことも良くあるし、それがあると他の先生のアドバイスがより早くキャッチできる気がします。

ありがとう師匠。一生ついていきます✨

 

 

そして、今回藍香先生のレッスンを受けて思ったのは、凄く師匠のアドバイスとの親和性が高く、相乗効果的なものが凄くあるなーと思いました。僕にとって凄く大事だし、レッスン受けたいと思うポイント。パートナーからの目線で、師匠のリードの裏付けというか、イメージが180°から360°になるというか、補完される所が凄くあって。

そして、パートナーと踊るときは、やはり親和性を上げたいとか、より二人の踊りを良くしたい!っていう方向にステ振りするので、個人レッスンでは、音楽性を磨きたいなって思ったときに、中嶋先生、藍香先生のところに行こうって思ったのもあるんですよね。

 

レッスン後に大人の階段昇ったよ!と訳のわからないことを考えながら、珈琲をもう一杯いただいていると、次に生徒さんがいらっしゃって、なんとツイッタラーさんでした!やったー!(ノ≧∀≦)ノリアルエンカウント嬉しい😆⤴️💓でもやんわり挨拶しかできなかったよー( ;∀;)※レッスン前なのでタイミング掴めず、実は途中まで先生なのかと思ってました…

 

なんか居座り過ぎてて危ない人と思われたんじゃなかろうかと、帰りに反省してたのはさておき(おいとくんかい)

 

お二人がたまたまレッスンキャンセルなどで少し合間にお時間があり、色々お話してきました。

 

 

あの素晴らしい音の取り方はどうやって調整して合わせてるのか?

関東ダンス選手権の動画を何度も見ては、8小節で本当に魔法のように音楽を知ってるかの如く、合わせるのはもちろんプロなので前提として、流れる、止まる、アクセントを本当にデモのように表現されるあのマジックについて、色々お話をうかがえました。ざっくり長くなるのでまとめますが、やっぱり音に合わせて踊るのが大事で、藍香先生は『音がずれたらテコでも動かない』とのこと(笑)

 

パートナーは、音にずれても合わせてくれますが、『今のところ音に合ってて気持ち良かった』とはめったにならないんですよ(*T^T)知ってる。ずれてるの何とかしたいんだけど、練習の時はそこを最重要まで置いてないから…そう、最重要ではないけど、音に乗ったパートナーの二人は、更に表現力が爆上がりするの知ってるから、これは個人練習だなぁと思ってたわけで。

 

初日から居座り過ぎて帰り道反省してたんだけど、心の中は

 


f:id:nonice:20220522214319j:image

 

たまたま花火上がってたんだけど、心情に合いすぎてて笑いそうになりましたよ。

 

 

藍香先生と沢山お話できたので、翌日もレッスンを入れていたのですが、方向性とか見えてきたとおっしゃっていただいて。

そして、話の流れで藍香先生が『東京でパーティーとかいいですね』って言われて『先生とデモがやりたいです』ってペロッと言っちゃったよね…( ̄▽ ̄;)

 

勿論お予算がそこまで富豪ではないので、すこーしずつレッスンしての長期計画なんですが、今もそうですけど、何か目的を持って練習するのは凄く大事だと思ってるので、いつか✨

 

うん、二泊三日なのに、話が終わらない。

 

 

とりあえず後半は帰りの飛行機で書きます!

 

素人がお客様をお誘いするときは(ダンスタイムのポイント備忘録)

社交ダンス執事のいっしーです(*´□`)ノ

久しぶりにダンスタイム満喫してきまして、とてもとても皆さんが喜んでくださり、やっと執事の本領発揮✨(大げさ(笑))

 

はさておき。

僕は武者修行的にお外に行き出しましたが、それなりに失敗も、経験者の方のお話も聞いたので、ブログにこれをまとめておきます。

自らの備忘とこれからのアップデートもしたい!ということで。

 

①ダンスタイムを踊る前の心の準備

素人がお客様に声をかけるときは、ちゃんと注意を払いつつ、精一杯のおもてなしの心を忘れず『一緒に楽しむ』精神を絶対に忘れないようにと心がけています。

 

緊張は伝播するもの、自分がガッチガチになると、踊れないしパニックになるので、『技術は二の次』ということを思って行くのが大切かなと。

 

大抵は素人リーダーより、お客様のフォロワーさんの方が上手なので、そこはどーんと胸をお借りする気でいきます(*/∀\*)

 

②お断りの雰囲気を必要以上に気にしない

さて、フロアにいざ!と思っても、素人リーダーに警戒心を抱いているかたもそれなりにいらっしゃいます。

 

自分が踊れないかも?習いたてだから先生がいい。など、様々な理由で目を合わせないようにされるかたもいらっしゃいます。

そこは察知してスルーして別のかたをお誘いするか、声をそっとかけてみて、NG反応ならさらっと引いた方が良いと思ってます。

 

昔はそれなりに声をかけるのもドキドキだったので、緊張から断られたり目線を反らされると凹むこともありましたが、考えてみれば知らない人の、しかも技術に不安がある人、さらに自分が踊れるか不安になれば、ハッキリ断りを入れるのも大変ですよね。なので、お互い気にせず、さらりと流した方がいいなと。

その後別の方と踊っているうちに、二週目でOKしてくださるかたもいらっしゃいます(*´▽`*)ありがたや。

 

③お声かけの時は少しかがんで目線を合わせる

声をかけるときは、少しかがんで目線を合わせるようにしてます。たったままだと、隣のかたも席が近いと誰に?となることもあるし、何より『見下ろされる』と威圧感も、不安も増してしまいますので、なるべくかがんで目線を合わせるように。

 

単純な話ですが、真顔ではなく笑顔でお声かけします。先にも書きましたが、知らない人にいきなり声をかけられるわけです。ダンスタイムとはそういうもの…ってことじゃなくて、自分がされたときにどうしたら緊張しにくいか?ってことだと思うんですよね。

 

④踊れないことを必要以上に気にしない

以前は、毎回同じステップを繰り返していると飽きられてしまうのでは?と不安になり、一生懸命色々やろうとした時期がありました。

 

ですが、個人的にはダンスタイムは、『一緒にダンスを楽しむ』が最優先で、『色々なステップを楽しみたい』は、絶対ではないわけで。

 

背伸びして無理なステップを無理に入れるより、冒険できるかなーと思えるようになるまでは、ひたすら踊りなれているステップを丁寧に踊る方が喜ばれる気がします。

 

⑤フロアクラフトは周りを見ることから

ダンスタイム最難関といっていいフロアクラフトですが、ほどいて考えると割りと単純な話で、『混んでたら止まる(出来るならルートを変更する)』『空いてるところを陣取る』ってことなんです。

 

そして、大切なのは『うまい人が避ける』が鉄則であるということ。フロアが先生やアテンダントさんだけなら、ぶつからないことだけ注意をさすれば、待ってたら必ず道を空けてくださいます。

 

パニックにならないことが大事なので、『慣れてるからステップを繰り返してしのぐ』『ピクチャーでその場にいる時間をかせぐ』が割りと多いですが、それも不安ならば『ちゃんとした姿勢で止まる』も実はありなんですよね。背筋を伸ばして、踊りだす前の美しい姿勢をここで取り戻していると、いつの間にか道が開けてたりします(笑)

 

⑥無理にステップを押し通さない

緊張から、組んでる方と違うステップになってしまい、足がぶつかるなどのアクシデントが起こる場合や、途中で違うステップをやりかけているケースがあります。ここは慌てず、フォロワーさんに合わせます。何故ならフォロワーさんの方がそのステップの態勢になると他の動きが出来ない場合が多いからです。

 

怪我をさせない、不安にさせない、これが鉄則だと思うので、ガタガタになっても落ち着いてやり直せばいいかなと。

 

無理にやりきろうとすると、お相手がよろけてしまったりするのでここは自分が調整すべき。と思ってます。

 

そして、ここにかかってくるのが、『自分がやりなれたステップであれば多少ぐらついても支えられる』という点で、それもあってなるべく自分がバランスとれるものをチョイスしています。

 

⑦終わったら御礼とお席までお見送り

これはちらほらTwitterでも見かけますが、次の曲を別の方と急ぎ踊る用事がないなら(できればあっても)お席まではお見送りすべきじゃないかなぁと。

 

勇気を出して踊ってくださった感謝の気持ちを伝えながら帰るのが良いと思うし、何より喜んでいただけるので、是非やってみるべきことなんじゃないかなと。

 

送られ慣れてない方はサクッと帰ってしまうこともありますが、そこはめげずに早足で追いかけて、お席まで行って『ありがとうございました』って言うだけでもお互い気持ちいいです。

 

腕を見えるところに出すと組んでくださる方もいらっしゃいますし、近すぎる距離に抵抗がありそうならそっと背中を押してお席までエスコートするのもありです。ここで微妙なタッチにならないようにしっかりお席まで促す力をいれつつ、乱暴にならないように注意が必要ですが。

 

⑧お誘いいただけると喜びます

何となくフォロワーさんが席で待ってて、リーダーが声をかけるのがセオリーではありますが、声をかけていただくことも結構あり、それはそれはとても嬉しいです。

アテンダントでなく、先生でもないのに『踊っていただける?』と言っていただくのは誉れであり、とてもとても光栄です。

 

席にいた方が、アテンダントさんが回ってくるのを逃す可能性がないですが、ちょっと待ち時間に入ったなーとか、近くに踊れそうなリーダーがいたら、お声かけいただくのは本当にウェルカムです。嫌がるリーダーはあまりいないかと。

ただ、自信がないリーダーだと遠慮してしまうケースがあるかなーと思いますが、最初に書いた通り、大抵フォロワーさんの方がキャリアも長くとても上手なので、ここは怖がらず『お願いします!』くらいの気持ちでトライすると、新しい扉が開く気がします。

 

⑧(追記)フロアに出るときは周りを見てしっかり誘導

フロアに出るときはアテンダントさんや先生がすでに踊り始めてる可能性があります。

LOD(ざくっと、スタンダードで進行する方向です。パソやサンバも同じ向き)を見て、流れに注意してフロアに出るように気を付けてます。

 

この時、可能な限り両手でご案内しています。向きも分かりやすくなるし、当たりそうになったときに背中でかばう事ができるので。

あとは、ホールドに持っていきやすいです。

 

こんなところでしょうか。

僕の場合はスタンダードが主軸なので、ラテンだとまた違った注意事項が出てくるかもですが、ダンスタイムでのルンバ、チャチャなどはほぼ同じことを注意してると思います。

 

リーダーにとって、ダンスタイムってチャレンジしやすい状況下にありながら、なかなか色々とハードルが高いですよね。

ブログの内容が本の少しでもリーダーさんの勇気の一助になれば幸いです。

ジャッジ初体験とパートナー様優勝✨(チャオカップ2022/05/03)

社交ダンス執事のいっしーです(*´□`)ノ

 

今回ちょっとしたご縁から、チャオカップのジャッジをやらせていただくことになりました!

 

チャオカップは、チャオダンスグループ主宰(代表成田先生)の障害者競技会、アマプロ戦(ラテン、スタンダード)、チャリティートライアル、デモンストレーションと盛りだくさんのイベントです。

 

当日の競技会で面白いのは、ジャッジを全て一般客が行うこと。プロが介入せず、無作為に7名位の人数でジャッジを行います。

 

僕は元々参加予定で、パートナーはアマプロ戦のスタンダードに出るから応援と、最後終わりかけのチャリティートライアルでパートナーと踊って成田先生を応援!と思ってたんですが、ひょんな事からジャッジをすることになりまして…

さすがにスタンダードは遠慮させていただきましたが、ブラインド部門とラテン部門をジャッジさせていただきました!

 

・ヒートはMAXでも2ヒートまで

※スタンダードはもう少しありました

・1ヒート二組~四組

・ピックアップはなく、ヒートごとに順位決定

・予選と決勝の2回を全員踊る

・ジャッジ結果を報告するのは決勝のみ

※予選は下調べ的な感じ

・椅子が用意されており着座で見る

・ジャッジペーパーはボードに挟んであり、順番に見ていけばよいようになっている

・決勝2試合ずつ同じペーパーなので、書き込んだらすぐに回収される

・予選と決勝の間にチャリティートライアルやデモンストレーションが挟まれる(休憩)

・お弁当と報酬が出る

 

こんな感じでした。

結論、『ジャッジ超大変』( ;∀;)

 

①見る場所を絞らないと、1分20秒で全部の組を見れない

②自分が何を基準に評価をするかを決めてかからないと軸がぶれて判断に迷う

 

もういっぱいいっぱいすぎて、これでジャッジして、講評までしてる先生方すごすぎ…と思った1日でした。

 

 

ラテン終わったらパートナーの応援に集中できたので、スタンダードはやはり無理だったなーと思ってます。

パートナー様はおかげさまで優勝しましたー(ノ≧∀≦)ノさすがっす!

りょう先生とも楽しく踊ってたので、魅力堪能しつつ。最後はチャリティートライアルでタンゴとスロー踊りましたが、気を付けてた姿勢はいいとして、足が滑ってガタガタだった(;´Д`)ごめんよ。

 

始終楽しく、ブラインドのお友達とも、デフダンスのお友達ともお話できたし、中部からともえ先生がいらっしゃってて声までかけていただいちゃいました!充実した1日を過ごせたのは、成田先生をはじめとしたチャオグループの先生方のおかげです。

 

 

ということで、感謝のブログでした!